トップページ
 初心者の為の
屋根葺替講座
 屋根の構造、
施工方法
 屋根葺き替え
の価格構成

各屋根材の施工
工事価格・相場
ガルバリウム
鋼板
ガルバリウム
メーカー別価格
アスファルト
シングル
アスファルト
シングル
メーカー別価格
ジンカリウム
自然石粒付鋼板
ジンカリウム鋼板
メーカー別価格
ジンカリウム鋼板
実際の施工価格
ジンカリウム
施工例

スレート材から
の葺き替え
瓦屋根からの
葺き替え
トタンからの
葺き替え
瓦の葺き替え
瓦の葺き直し

ルーフィング
について
屋根の断熱
について
結露について
見積書の項目
チェックポイント
お助け隊の
施工例

全国対応
関東圏
関西圏
中京圏
九州圏
東北圏



 ■ お助け隊の工事事例


 横浜市;横暖ルーフへの葺き替え工事例

  スレート葺き屋根(カラーベスト、コロニアル;両方とも屋根材メーカーの商品名、一般名は、薄型化粧スレート;アスベストをセメントで高圧縮したセメントの板)とも言うを、ガルバリウム鋼板(ニチハ・横暖ルーフ)に交換工事です。 旧スレート材料は撤去。
古いスレート屋根の様子01 スレートの苔、カビが付着の写真
施工前写真1:茶色のものは、カビです 施工前写真2:写真では確認できませんが
苔も所々見受けられます。 
横浜市のお客様の葺き替え工事で、屋根頂上部;棟にあるアンテナの撤去、再設置も実施。 新築後18年経っていましたが、仕上げ材(スレート材料)そのものには、とくに大きな損傷はなく、雨漏りを防ぐと言う屋根の基本機能としてはまだまだ大丈夫でしたが、カビ、苔などで美観を多少損ねていましたので、今回の葺き替えになりました。 施工した屋根屋さんは、横暖ルーフが好きみたいで、つまり横暖ルーフが屋根屋の商売的に有利であり、お客様の評判も良いようなので関東地域・屋根のリフォームでは多く使われているようです。価格もお手頃。断熱材が挿入されていますが、断熱の効果よりは、材料そのものの堅牢さ、作業性の良さなどがうけていると思っています。外観も派手さはありませんが、重厚で、渋い良い色合いです。 安い感じがしないです。 人気のある屋根材です。 
スレート材の撤去屋根からの工事写真です。 棟の板金を剥がし、スレート材も撤去した写真です
古いスレートを剥がしたところ01 古いスレートを剥がしたところ02
棟部分の板金、スレート材を剥がした
ところ、棟板金の下の芯材はまだ新しく
見えます。 下地材の上の古いルーフィング
が見えます。
同じように、スレート材を剥がしたところ
別角度での写真

新たにルーフィングの施工01 新たにルーフィングの施工02
古いコンパネのうえから、防水シート
(ルーフィング)を張り付けたところ
同じ写真、防水シートを張ったところ

ニチハ・横暖ルーフシリーズ|プレミアム

仕上げ材;
(株)チューオーの
横暖ルーフ・プレミアム

ガルバリウム鋼板の施工風景01 ガルバリウム鋼板の施工風景02
棟の頂上部を残して、ガルバリウム鋼板
の施工。 雨押が見えます
ガルバリウム鋼板(横暖ルーフ・プレミアム)
を施工しているところ
ガルバリウム鋼板の施工風景03 ガルバリウム鋼板の施工風景
工事中、下り棟部分 棟部分の施工の様子
ガルバリウム鋼板工事完了 ガルバリウム鋼板の葺き替え工事完了同
ガルバリウム鋼板(横暖ルーフ・プレミアム)
を施工し終わったところ
同、工事後

葺き替え費用: 薄型スレート化粧鋼板(スレート)を横暖ルーフ(ガルバ)への工事; 
屋根面積; 約100平米、寄棟、足場あり、2階建
1:スレート材撤去費 ・ ・ ・ \1,500/u X 120u = \ 180,000-
2:仮足場設置費用・ ・ ・ ・ 2階まで4四方囲みで(総面積;250u) 
                   \ 250,000 (@ \1,000/u)
3:防水シート ・ ・ ・ ・ ・ ・\650/u X 120u  = \ 78,000-
4:横暖ルーフ・プレミアム ・ ・ \6,000/u X 120u = ¥ 780,000-
5:その他の部品費、施工費、防塵シート、養生費   = ¥ 60,000-
6:一般管理費、経費 (10%)              = ¥ 120,000
7:      合計で  \ 1,468,000 -   (税抜き価格計)

施工例のメニューに戻る

  注意; ガルバリウム鋼板葺き替え時の断熱、防音について
 ガルバリウム鋼板は、基盤材が1mm以下の非常に薄い屋根材です(トタンも同じ)ので、断熱と防音に工夫をしなければなりません。 この横浜のお客様は、既に断熱材を施工していましたので、特にご要求はありませんでしたが、ガルバリウム鋼板を施工する場合、断熱シートか、断熱材付のガルバリウム鋼板をお勧めしています。 また遮熱塗料を使ったガルバリウム鋼板も夏の暑さ対策には、一定の効果があります。 もしそれで効果が足りない場合は、天井裏に断熱材を別途設ける(セルロースファイバーなどがお薦め)必要があるかもしれません。 屋根に大掛かりな断熱材施工工事は
効果がありますが、木部分の工事が必要になり、費用対効果が低下してしまいます。 また天井裏がない場合は、どうしても屋根部分での断熱方法を考えざるおえません。 奥の手としては、通気工法などがあります。 ここでは詳しく説明
しませんが、もしお困りの際は、0120−58ー1152まで、相談してください。 屋根のリフォーム時には、断熱も一緒に
考えてください。

    さあ、あなたも、このサイトを利用して納得の屋根を手にいれてください。
詳しい利用方法・見積は、下記をクリックしてください

屋根葺き替え価格ドットコム・トップページへ

屋根葺き替えのご相談、工事の依頼、問い合わせ、疑問
屋根についての価格・相場・概算の問い合わせ、何か思われましたら、気兼ねなく
0120−58−1152 屋根葺き替え価格ドットコムまで・ ・ ・
Nobilis Works 「屋根葺き替え価格ドットコム」/copy right all reserved