トップページ
 初心者の為の
屋根葺替講座
 屋根の構造、
施工方法
 屋根葺き替え
の価格構成

各屋根材の施工
工事価格・相場
ガルバリウム
鋼板
ガルバリウム
メーカー別価格
アスファルト
シングル
アスファルト
シングル
メーカー別価格
ジンカリウム
自然石粒付鋼板
ジンカリウム鋼板
メーカー別価格
ジンカリウム鋼板
実際の施工価格
ジンカリウム
施工例

スレート材から
の葺き替え
瓦屋根からの
葺き替え
トタンからの
葺き替え
瓦の葺き替え
瓦の葺き直し

ルーフィング
について
屋根の断熱
について
結露について
見積書の項目
チェックポイント
お助け隊の
施工例

全国対応
関東圏
関西圏
中京圏
九州圏
東北圏



 ■ 瓦屋根工事は儲かる!?

 最近、先週ですが、瓦からガルバリウム鋼板への葺き替え工事が、浅草で終わりました。 貸しビルの屋根ですが、築50年で、屋根の手入れを一度もしていないということでしたので、やはり雨漏りが随所にあり、葺き替えは必須でした。 お客様は、近所で知り合いの瓦屋さんに相談したのですが、このビルの屋根面積は64u、L型の切妻で、古い瓦を撤去して、下地材交換(コンパネ)、防水材交換、新しい瓦の施工、その他の屋根部品、棟、軒先、けらば、足場代を含めて税込みで、300万円でやってやるよ! と言われたそうです。 昔ならがの棟梁風の方ですので、「やってやるよ!」は決して恩着せがましく、嫌味で言ったのではないのですが、このお客様は、この言葉のうらには、付き合いのある仲間だから、「安くしてやるよ!」という気持ちが入っていたと言います。
 仕事ができる、気風の良い棟梁とのもっぱだったそうです。 しかし仕事の値段は、昔からこの価格のようで、結構もうけられていたようです。
屋根の仕事は、大工、外壁塗装などの仕事と同じで、雨や雪の日、お客様の都合の悪い日は、工事ができませんから、6月や秋の長雨のシーズンでは1ヶ月に働ける日数は、10日から15日、この実働日で、1ヶ月分の収入が無くては生きていけません。 他の月に蓄えれば良いのですが、通常の月に収入額を合せると結構苦しいのかもしれません。 あくまで私の私見です。
 でも、全国には瓦工事の組合があって、その下部組織である千葉県の瓦組合の瓦修理価格表(標準価格表と書いてあります;後述
を見るとどうもかなりお高いのです。 その検証と解説をしたいと思います。

■全国の瓦屋さんの工事費がどうも高い・・・私が思うだけなのか?

 瓦の葺き替え工事は、めっきり減っています。 東日本大震災時には、1日に10件〜15件もの瓦工事、瓦修理(特に棟部分の修理、やり直し工事)の問合わせがありました。 被災地のさる瓦屋さんは、あまりの仕事量、苦情(といっても誤解やデマ、クレーマーの類だったそうですが)に悩まされ、自殺をした方までいました。 真面目に相場で工事をやっていた屋根屋さんが多いと思いますが、お客様の問い合わせの中には明らかに「ボッタクリ」の見積がありました。その数はかなり多かったと記憶しています。 10件の問い合わせ中に1件は必ず相場(瓦組合の出している標準価格表を元にしています)の2倍、3倍の見積があり、インターネットでお助け隊のページを見たが値段がかなり違う、なんでお宅はこんなに安いのか? と聞くお客様もいらっしゃいました。 いえお助け隊の概算価格は、瓦組合の標準価格表を元に掲載している価格で、私どもはこの費用が相場と思っていますと、答えていました。今でも変わりません。 

■64uの瓦の葺き替えが300万円と瓦組合の価格の比較

 この場合は、瓦屋根の面積が64uで、2階建、足場は必要として、300万円の内訳を想像してみましょう。
そして、瓦組合の価格表との違いを見てみることにします。 この棟梁の見積の文書はお助け隊にはありません
お客様の電話での応答のみ、見積項目を聞き取り調査したものです。 多少の差異があると思いますが、全体の金額に対してはさほど影響ないと考えます。
   この棟梁の見積;
1:瓦撤去費用; ¥4,500/u X 64u = ¥288,000
2:下地施工、材工共 ¥¥40500/u X 64u = ¥256,000
3:ルーフィング(防水材) ¥3,000/u X 64u = ¥192,000
4:瓦(どこの産地、モデル名不明)
  ¥18,000/u X 64u = ¥1,152,000
5:足場、その他の付帯工事一式  ¥1,000,000
6:廃材処分費用 一式  ¥200,000
7:工事合計       ¥3,080,000 - (税抜き価格)

 瓦組合の価格表

 上の価格表からこの件の概算を出してみます。
すでにこの工事はお助け隊で契約をもらいましたので、各部の数量は分かっています。(実際の工事は瓦からガルバリウム鋼板への葺き替えで、その契約金額は、98万円でした。 始めから瓦は諦めていたようで瓦での見積は提出されていません。 下図のような屋根です。
●屋根本体面積;64u、変形L字の切妻型、瓦葺き、勾配5寸。
●全軒先の長さ;45.3m、けらば部分の全長:7.8m、棟部分の全長;25.1mで計算。
 瓦組合の価格表からの概算の金額;
 1:瓦撤去費用; ¥2,200/u X 64u = ¥140,800 (17行目の単価)
 2:下地施工、材工共 ¥2,000/u X 64u = ¥128,000  (21行目の単価)
 3:下葺き材施工費用(ルーフィング、防水材) 
   ¥650/u X 64u = ¥41,600  (20行目の単価)
 4:桟木施工費用: ¥1,000/u X 64u = ¥64,000  (22行目の単価)
 5:瓦施工費用、工事費のみ(瓦の材料代は別途計上))
   ¥5,000/u X 64u = ¥320,000  (5行目の単価)
 6:瓦の材料費; JIS A53普及品; ¥160/1枚 X 1,030枚 = ¥164,800
   (価格表には、定額通りとあるが不明、仕入れ問屋の価格+屋根屋の儲け;
    この価格は、各屋根屋の聞き取り調査による。公になっていない価格)
 7:足場、その他の付帯工事(価格表になし、独自調査)
   足場仮設置費用 ¥1,000/u X 78u = ¥78,000(足場をかけるとしたら、
   北側13mの部分のみ可能で、あとは隣家と接しているので、足場はかけられない)
 8:棟部分の施工費用:冠瓦+熨斗瓦2段で ¥10,000/u X 25.1u = ¥251,000
    (6行目の単価)
 9:瓦廃材処分費用  ¥1,500/u X 64u = ¥96,000  (19行目の単価)
 10: 工事合計       ¥1,284,200 - (税抜き価格)
 これでも屋根屋さんは、適正?な 儲け、利潤があります。 工事の日数、工事に関わる職人さんの人数によって親方の儲けは大きく変わります。 ・・・(価格表に忠実に概算を出してみましたが、一般の屋根屋さんは、また別の見積項目を載せてくる場合も多いので、この見積項目と全く同じではないかもしれません。

 この工事でのお客様がもらった見積について;
 日本は、資本主義国家で、自由経済の国です。 ですから屋根屋の工事価格も全くの自由、相場の2倍、3倍の価格を提示しても、全く違法ではありません。 ですから工事の通り相場を知らないと、とんでもない高い金額を払わせられる可能性があります。 例え親しい知り合いでも、こと商売となると別のこととする商売人です。
 知り合い、親戚の屋根屋から、見積をもらったがどうも高いような気がする、一体相場はいくらなのか?
といった相談、質問が跡を絶ちません。 親しい方を疑うのはどうも・・・と思わないで、きっちり調べて、納得して工事を依頼して欲しいものです。 お助け隊は、この相場、工事価格の通り相場については、長年の情報の蓄積がありますので、逐次公開していきます。 皆様の手助けになれば幸いです。  
                                           屋根工事お助け隊代表:小形 秀明

屋根葺き替え価格ドットコム・トップページへ


屋根葺き替えのご相談、工事の依頼、問い合わせ、疑問
屋根についての価格・相場・概算の問い合わせ、何か思われましたら、気兼ねなく
0120−58−1152 屋根葺き替え価格ドットコムまで・ ・ ・
Nobilis Works 「屋根葺き替え価格ドットコム」/copy right all reserved